ボールペンのシミ取り

ボールペンのシミ取り

 

ボールペンを洋服に入れたまま洗濯してしまいしみがついた画像です。

 

ボールペンが大量に付着してしまい、時間もたっていたので自己処理してもきれいにシミはなくなりませんでした。

 

 

 

小さなボールペンのシミは、自宅でも取ることが可能なようです。しかし、消えるボールペン以外は消せないことを念頭に開発されているので、小さいシミで付着してから早めに対処することがきれいにするコツのようです。

 

 

ボールペンのシミの取り方

 

【用意するもの】

 

消毒用エタノールまたは除光液(プロピレングリコール類の含むもの)
きれいなあて布適量
使用後に洗濯するので洗濯用洗剤

 

【落とし方】

 

最初に、当て布を汚れた部分に当てて、ほかの部分に液が垂れないようにします。
溶消毒用エタノールか除光液を汚れている部分に少しづつ垂らしていきます。
あて布がしっかりと当たっていることを確認してから裏からたたいて、インクをあて布に移し取ります。

 

あて布はたたきながらきれいなものに取り替えて繰り返して作業をしてください。
インクが溶け出さなくなってきたら、シミ抜きを終了して洗濯をしてエタノールや除光液、汚れや皮脂を落として終了となります。

 

 

色落ちする素材や大きなシミの場合は、専門のクリーニング店に相談して見てください、自分で独自に処理してからだと、きれいに落とせない場合があります。